全国一律送料 250円 / 合計金額 5,400円(税込)以上で送料無料!

「納豆菌と乳酸菌は相性がいい!」3つのポイントまとめ

納豆博士:小笠原 和也 そのもの納豆

最近では〝腸内細菌〟〝腸内細菌フローラ(腸内細菌叢)〟〝プロバイオティクス〟〝シンバイオティクス〟〝脳腸相関〟など、腸内環境と健康に関する言葉も認知度が高まり、一般的なものとなってきました。

今回は、その主役ともいえる乳酸菌と納豆菌の関係についてお話してみたいと思います。
 

腸内細菌の黄金バランス

人の腸内には『およそ 1,000種類、約100兆個もの多種多様な細菌が住んでいる』のです。

ヤクルト中央研究所 HP , 菌の図鑑より

これらの細菌は、善玉菌、日和見菌、悪玉菌に分けられ、その比率は 2:7:1 が最適です。

善玉菌が活発になれば、日和見菌は善玉菌の味方になり、悪玉菌が活発になれば、日和見菌は悪玉菌になびきます。そのため、元気な善玉菌を増やすことが腸内環境、ひいては健康への近道となるのです。

腸内で住み分けができる、納豆菌と乳酸菌

納豆菌乳酸菌は共に善玉菌ですが、最適な生活環境や必要な栄養成分などは真逆に近いのです。しかし、とても仲良しの関係にあります。

納豆菌は空気が豊富な好気条件で活発になり、乳酸菌は空気が少ない嫌気条件で活発になります。

そのため、納豆菌は、腸の中でも比較的好気条件の小腸前半部で増えます。

一方、乳酸菌は、比較的嫌気条件の小腸後半部から大腸で増えます。

このように、住み分けが出来ておりケンカにならないのです。

納豆菌が〝乳酸菌のエサ〟をたくさん作る

納豆菌は、デンプン分解酵素をたくさん分泌し、デンプンをオリゴ糖まで分解します。乳酸菌は、そのオリゴ糖を利用し、元気に増えて活動します。

納豆菌がオリゴ糖をたくさん作り、乳酸菌をサポートしているのです。

③納豆菌が〝乳酸菌の苦手なもの〟を分解する

人体内では、呼吸による酸化反応で過酸化水素が発生しますが、乳酸菌は過酸化水素を分解できないので、生育が阻害されます。一方、納豆菌は過酸化水素を酸素と水に分解するカタラーゼを分泌します。

納豆菌が作ったカタラーゼの働きで、乳酸菌も元気に増えていけるのです。

納豆博士

納豆菌と乳酸菌は、助け合いながら腸内の健康を守っているのです。仲良きことは美しきかな!

小笠原 和也

小笠原 和也 
そのもの株式会社学術顧問

熊本大学大学院医学教育部卒。 ナットウキナーゼをはじめとする機能性⾷品原料の研究開発、 35年間に渡る納⾖菌を主とする微⽣物学・醗酵学・酵素学の研究開発の経験をもとに幅広く活躍中。

小笠原 和也

小笠原 和也 
そのもの株式会社学術顧問

熊本大学大学院医学教育部卒。 ナットウキナーゼをはじめとする機能性⾷品原料の研究開発、 35年間に渡る納⾖菌を主とする微⽣物学・醗酵学・酵素学の研究開発の経験をもとに幅広く活躍中。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!