こな納豆でダブル大豆【菜の花の白和え】|橋場朋美先生のレシピ

こな納豆レシピ

こな納豆で菜の花の白和え

こな納豆で菜の花の白和え レシピ
橋場朋美先生|港区白金高輪駅近・野菜ソムリエプロ簡単おもてなし料理教室

@atelierplatine123
絹ごし豆腐にこな納豆を加えることで大豆のチカラとなめらかさが2倍になります。
こな納豆とからしの相性も抜群。春の訪れを告げる菜の花のほろ苦さとともに、こな納豆を楽しんでいただけたら幸いです。

橋場朋美先生 / フードコーディネーター

港区白金高輪駅近・野菜ソムリエプロ簡単おもてなし料理教室

茶道裏千家助教授/日本野菜ソムリエ協会野菜ソムリエプロ/日本サンドイッチ協会ケーキイッチインストラクター/他

材料

人分

  • 絹ごし豆腐 … 150g
  • 菜の花 … 100g
  • 茹で用
    • お湯 … 1000ml
    • 塩 … 小さじ1
  • めんつゆ(2倍濃縮) … 大さじ2
  • からし … 小さじ1
  • 白ごま … 大さじ1

つくり方

  1. 絹ごし豆腐をキッチンペーパーで包み耐熱の器に入れ、ラップをせずに電子レンジ(600w)で2分ほど加熱した後、ペーパーを替えて粗熱を取ります。
  2. 鍋でお湯を沸かし、塩を入れ、菜の花を2分ほど茹でます。
  3. 冷水にとり、水気をよく絞ったら、2cmの長さに切り、めんつゆとからしを和えます。
  4. ①をヘラでなめらかにして、③と白ごまを和え、味をととのえます。
  5. 器に盛り付けて完成です。

一言メモ

  • 絹漉し豆腐の水分の抜き加減
    ①は豆腐の水切りの手順です。水分の抜き加減は加熱後にペーパーを変えてお好みの加減まで水分を抜いてください。

このレシピに使われている商品

LDK ベストバイ|こな納豆 ※匂い・粘りひかえめタイプにて受賞

sonomono「こな納豆」

★橋場朋美先生のレビュー
国産大豆・完全無添加のこな納豆は、納豆が持つ有用成分を生かすため、「そのもの納豆菌」からフリーズドライ製法でつくりました。納豆粉末100%で納豆の栄養価はそのままに、生きたまま腸まで届く納豆菌も効率的に摂ることができます。

嬉しいことにこちらのこな納豆には通常タイプと匂い・粘りひかえめタイプがあります。
納豆の好き嫌いの使い分けだけではなく、納豆の風味を味わいたいときは通常タイプ、あまり主張したくない場合は控えめタイプなどと料理によって使い分けができます。

基本的に納豆は納豆として食べたいと思っている私。しかし納豆が粉状になっているだけで他の食材と合わせることに抵抗がなくなります。今回はちょうど旬の菜の花で白和えを食べたいと思っていたので、こちらのこな納豆を合わせてみました。

商品情報を見る

よかったらシェアしてね!