無農薬栽培大豆の健康効果について

日本の食生活を支えてきた、完全栄養食「大豆」

大豆は、豆腐や味噌、醤油など、日本人の食生活に馴染み深いもの。畑の肉と称されるように、大豆のタンパク質は、必須アミノ酸をバランスよく含み、動物性のタンパク質に引けを取らないほどに高い栄養価を誇っています。

他にも、ビタミン(ビタミンE、ビタミンK2、ビタミンB群、葉酸)、ミネラル(カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、リン、銅、鉄)、食物繊維、大豆オリゴ糖、大豆イソフラボン、大豆レシチン、不飽和脂肪酸(リノール酸、αリノレン酸)など、さまざまな栄養成分をバランスよく摂ることができる、まさに完全栄養食。その栄養価の高さは、厚生労働省が主導する「健康日本21」においては、豆類1日100g 以上の積極的な摂取が推奨されています。

大豆に含まれる栄養素

特に注目すべきは、大豆タンパク質

大豆が持つ栄養のなかでも注目したいのはタンパク質です。国産大豆100g中に34gものタンパク質を含み、肉に匹敵するほど豊富なタンパク質を含む大豆は「畑の肉」という別名も持っています。
また、大豆のタンパク質は肉のタンパク質に比べて低カロリーで、消化吸収率も大変よいことがわかっています。タンパク質の栄養価を評価する「アミノ酸スコア」では、100に近いほど栄養学的に優れているとされますが、体内での合成が難しい必須アミノ酸をバランスよく含む大豆のアミノ酸スコアは肉と同じく最高値の100。

タンパク質は、私たちの筋肉、皮膚、髪、血液、臓器、遺伝子など、体を構成する上で必要不可欠なもの。タンパク質不足になると、体内のタンパク質が分解されて使われるため、筋肉量の減少、肌や髪のトラブル、集中力·思考力の低下など様々な不調を引き起こします。また、血管が弱くなったり、子どもの成長に影響を与えたりする可能性も考えられます。日々、良質なタンパク質を摂取することは、健康維持に欠かせません。

ワンポイント♪ 大豆のアミノ酸スコアがすごい!!

大豆は世界も認めるスーパーフード

アメリカ合衆国政府が発表した、
ガン予防に効果があると考えられる食品、
「デザイナーフーズ」
のうち、大豆は最も有効とされる
8種類の野菜の中に、挙げられている。

アメリカ国立ガン研究所「デザイナーフーズ」より

江北町有機研究会が栽培する、無農薬栽培大豆の可能性

納豆の栄養まるごと、
生きている納豆菌がたっぷり摂れる

納豆をフリーズドライ(凍結乾燥)で粉末化することで、納豆の栄養価を維持し、さらにタンパク質劣化を大きく軽減できました。通常の納豆と比較して、sonomono®の「こな納豆」は、納豆の栄養を効率的に摂れるだけでなく、カラダのバリア力を高める主役である“納豆菌”を、わずか小さじ一杯(カプセルなら3粒)で、納豆10パック分も摂ることができます。

納豆の原料となる大豆は、佐賀県江北町の有機研究会より仕入れています。 より安心な国産大豆にこだわり、厳選しています。“ふくゆたか”は、一粒ひと粒がふっくらしていて、品質が良いのが特徴です。

江北町有機研究会

緑豊かで人に優しい町です。

有機農法のスペシャリストたち

無農薬・無化学肥料で栽培する大豆は、自給率わずか7%の国産大豆の中でも希少な大豆。江北町有機研究会が長年続けている農法やこだわりについてご紹介します。

詳しく見る

商品づくりへのこだわり 江北町の無農薬栽培大豆で作った商品

そのもの納豆(カプセル)

そのもの納豆(カプセル)

  • カプセル3粒で、納豆10パック分の納豆菌が摂れる。
  • 納豆の匂いや粘りが苦手な方、食が細くなっている方に。
  • 腸活を習慣化するサプリメントとして最適。
  • 大豆由来の植物性カプセルを使用しています。

詳しく見る

そのもの納豆(カプセル)

こな納豆(パウダー)

  • 小さじ1杯で、納豆10パック分の納豆菌が摂れる。
  • サラサラとした微粒で、どんな料理にも使いやすい。
  • 通常タイプと、匂い·粘り控えめの2タイプをご用意。
  • 離乳食としても大人気。Instagram「#こな納豆」で検索!

詳しく見る

そのもの納豆(カプセル)

おつまみ納豆(スナック)

  • いくら食べても罪悪感ゼロ、お菓子でおいしく手軽に腸活。
  • 添加物や保存料不使用だから、お子様のおやつにも最適。
  • プレーン、うすしお、黒糖の3つのフレーバーから選べる。
  • 納豆の栄養まるごと、生きた納豆菌もたっぷり。

詳しく見る