全国一律送料 250円 / 合計金額 5,400円(税込)以上で送料無料!

今話題のSDGsとは?これからsonomono®が目指していくこと。

経済発展と環境問題の両立に、世界は直面している。

最近いろいろなメディアで目にするようになった〝SDGs=Sustainable Development Goals〟という言葉。〝エス・ディー・ジーズ〟と読み、日本語では〝持続可能な開発目標〟と訳されます。

SDGsとは、国際社会全体で2030年までに持続可能な社会を実現しようと、国連によって2015年に採択された目標です。達成のための17のゴールと、それを細分化した169のターゲットが設定されています。

それ以前の国連は、貧困を課題として先進国から途上国への支援を中心に対策してきました。成果は得られましたが、資源・環境問題はいよいよ目をそむけられなくなり、経済発展と環境問題を両立させなければならないという状況に世界は直面していたのです。

そこで、全世界で今の社会をよりよくするだけでなく、その社会を子や孫などの未来の世代まで持続可能にすることを目指し、SDGsが掲げられました。

SDGsが掲げる17の目標は下の図の通りです。それぞれの内容は目新しいものではありません。ただし、この目標が先進国・途上国を問わず目指すべきものであるということ、そして17の目標は一つひとつが独立した目標ではなく、2つ以上が関連していることも特徴です。

まずは小さな一歩から、sonomono®にできること。

sonomono®は、〝作り手に収入を、買い手に健康を。田舎に価値を生み、地方創生をめざす。〟というビジョンとともにスタートしました。目の前の利益だけを求めて生産者に買い叩くようなことをしてしまったら、たちまち地方の生産者は力を失い、結果的に良質な原料の商品を作り続けることはできなくなります。それは〝持続可能な社会〟につながるものではありません。生産者も私たちの〝大切なパートナー〟として、共に成長していける良い関係を持続していきたいと考えています。

プラスチックゴミ削減をはじめました。

sonomono®では、〝使い捨てプラスチック〟を減らすため、2019年7月から商品を梱包するプチプチ(プラスチックの気泡緩衝材)の使用を中止しています。また、弊社の〝sonomono®納豆菌シリーズ〟をご愛用中のお客様の中には『納豆を食べる度に出るゴミが減るのも好き♪』というお声を寄せてくださる方もいらっしゃいました。

プラスチックゴミの削減は、SDGsの17のゴールに紐付けると、目標14〝海の豊かさを守ろう〟に関連した取り組みになります。たとえ小さな一歩であったとしても、私たちの大切な未来につながっていくことを切に願っています。

SDGs時代の新たな評価軸〝新国富指標〟とは?

以前(今でも)、国の豊かさを測る指標はGDP(国民総生産)でした。GDPは消費すればするほど増加します。例えば、道路をつくり、翌年に壊して作り直すということを繰り返しても増えます。食べ物を食べ過ぎても、それで体調を崩して病院に行ってもGDPは増えるのです。本来、道路は壊れない方が良いし、人は健康でいられるほうがよい。消費さえすればよいという社会や、〝消費=豊かさ〟という考え方はおかしいのではないかと考えられるようになりました。

その流れを受け、SDGsに関する取り組みを総合的に評価する指標が検討されています。つまり、国や都市の総合的な豊かさを数値化して測ろうという取り組みです。その新しい指標〝新国富指標〟を国連とつくったのが、九州大学主幹教授・都市研究センター長の馬奈木俊介(まなぎ・しゅんすけ)氏です。

馬奈木教授は、九州大学大学院工学研究院教授、そして、内閣府の特別機関のひとつ日本学術会議の最年少会員でもあり、日本を代表する都市工学、経済学者のひとりです。大変嬉しいことに、地方創生と健康社会を目指すsonomono®が進めている江北町健康プロジェクトをご支援していただいております。

SDGsについての詳しい内容は、外務省のSDGs紹介サイトなどでSDGsについての基本情報を入手することができますが、sonomono®では、SDGsについて、自社の事業・取り組みを通して未来の子供達のために、小さなことからでも考え、実行していきたいという想いがあります。今後も、SDGsに関する情報を発信していきたいと思いますので、どうぞお楽しみに!

持続可能なまちづくり(データで見る豊かさ)馬奈木俊介/中央経済社

新国富論(新たな経済指標で地方創生)馬奈木俊介/岩波書店

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!