1. HOME
  2. メディア掲載
  3. 【メディア掲載】財界九州に掲載されました!

【メディア掲載】財界九州に掲載されました!

こんにちは!
そのもので広報を担当している田中です。

「財界九州2020年4月号」(2020.3.25発売)の
自治体トピックス「FROM KYUSHU OKINAWA」のページに、江北町包括連携協定式についての記事が掲載されております。

有機研究会の北原さん、江北町の山田町長、日高の3人がしっかりと手を握っている写真がいい感じです。

「財界九州」というと、本屋さんのビジネスコーナーに並んでいて、堅く・難しいイメージもありますが、九州・沖縄の今を知る総合情報誌として、経済動向を中心に産官学連携の取り組みなど、私たちの生活とも密接な関わりがあることがたくさん記事になっています。

そのもの納豆で、「腸内環境日本一」で
町民も町も元気にできるよう、現在、事業は着々進行中です。

江北町や医学ダイバーシティ学会との動きも随時、更新していけるよう準備を進めていますので、どうぞお楽しみに!

こんにちは!
そのもので広報を担当している田中です。
このたびの新型コロナウイルスの感染拡大により、大変困難な状況でご苦労されている皆様に心よりお見舞い申し上げます。猛威が収まることをただただ祈る毎日ですが、この度のお知らせがささやかでも希望の光のメッセージになるようにと発信させていただきます。

「財界九州20205月号」(2020.4.25発売)
地域ブランド化「FOCUS」の68ページに、江北町包括連携協定式についての記事が掲載されております。
先月に続き、紹介していただき、大変有難く、身の引き締まる思いでございます。
5月号は、<検証>地方創生というテーマだけあって、各地域の様々な取り組みのひとつとして本プロジェクトもしっかり紹介をしていただいています。

記事にも記載いただいているように、健康をテーマとしたブランディングで、江北町の町民の方々との取り組みを通して、多くの方に健康になっていただきたい!という想いがあります。

連日、聞き疲れるほどに、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、不安やストレスを感じている方が多いと思いますが、私たちは、「こんな時だからこそ!」とご尽力いただいている江北町や医学フードダイバーシティ学会と力を合わせて、本プロジェクトがより多くの方々のお役に立てるようにと、取り組みは着々と進行していますので、どうぞ応援よろしくお願いいたします。

こちらのPDFでご覧ください!(財界九州掲載 5月号)

2020.04.25 財界九州(5月号)PDFデータ

 

メディア掲載

メディア掲載一覧