7月1日スタート! 納豆の日キャンペーン:《抽選で当たる!》大田記念病院が考えただしパックをご紹介

平素よりsonomono®をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
毎年ご好評いただいている「納豆の日キャンペーン」を今年も開催いたします。

「そのもの納豆菌」で健康管理を!2024年 納豆の日キャンペーン
https://sonomono.jp/campaign/nattofestival2024/

キャンペーン期間・対象商品

第1弾

2024年 7月1日(月)12時
~ 7月31日(水)17時まで
「こな納豆 & お試し980円」

第2弾

2024年 8月1日(木)12時
~ 8月30日(金)17時まで
「そのもの納豆 & お試し980円」

▶▶ 対象商品をご購入の方に抽選で当たる!

期間中、対象商品をご購入の方の中から、そのもの納豆菌シリーズの原料となる大豆を生産いただいている佐賀県江北町有機研究会の北原さんが作った「おいしい新米」と、sonomonoスタッフおすすめの「大田記念病院が考えた だしパック」をセットでプレゼントさせていただきます。
ぜひ、この機会にご購入ください。

スタッフおすすめ!大田記念病院が考えた だしパック

大田記念病院が考えた だしパック|スタッフおすすめ商品

大田記念病院が考えただしパックは、
削り節発祥の地、福山市で生まれたカネソ22と
脳神経センター大田記念病院共同開発。
忙しい日にも本格的なだしが手軽にとれる
だしパックです。
だしのうま味をきかせることで、塩や醤油の使用量を控えることができます。
安心の国産原料を使用し、食塩・砂糖・化学調味料等の調味料は加えておりません。

だしパック|国産素材・本格的なだし・安心安全

お出汁を追求して100年余り、カネソ22

削り節発祥の地、福山市で生まれたカネソ22は、お出汁を追求して100年余りが経ちました。創業当時から変わらない「最高のだしをご家庭に」という思い。産地との結びつきを大切にし、和食文化の要となるだしを追求しています。瀬戸内海で豊富に獲れたいわしを削ったのが、当社の原点です。削り節や花かつおといった定番品から始まり、昭和37年に味パックを開発。今ではお馴染みとなったティーパック方式のだしとりを日本で初めて開発したパイオニアでもあります。

だしパックの2つのこだわり

素材へのこだわり

よい「だし」をつくるには、よい素材を選ぶこと。良質な素材から引き出す、天然のうま味は、複雑で奥深く、私たち日本人の心を和らげ、幸せな気分にしてくれます。鰹節、いわし煮干し、鯖節、宗田節、昆布、椎茸…これらの伝統的なだし素材は、昔ながらの製法で、今も、作り続けられています。

産地へのこだわり

丹念に製造され、優れたうま味と薫りをもつ素材のみを吟味・選別し、日本各地の産地・生産者から仕入れます。そうした貴重な原料を、独自の保存と加工の技術で、さらにうま味と薫りを高め、製品として市場に送り出します。安心できる天然の国産原料へのこだわりが、私たちの製品の最大の要となっています。

商品情報

大田記念病院が考えた だしパック|商品情報

◾️商品名:大田記念病院が考えただしパック 10g×10パック

■名称:だしパック
■原料:かつおぶし(鹿児島産)、いわし煮干し(瀬戸内産)、さばぶし(熊本産)、昆布(北海道産)、椎茸(九州産)
■内容量:10g×10パック

よかったらシェアしてね!