納豆の中にある菌は何?納豆にはどんな栄養や効果があるの?

生きて腸まで届く 納豆菌を毎日手軽に。そのもの納豆
生きて腸まで届く 納豆菌を毎日手軽に。そのもの納豆
目次

納豆菌とは?

日本の伝統的な発酵食品である〝納豆〟の製造に欠かせない微生物「納豆菌」。納豆菌とは、稲わらや草、土の中などにも広く生息している一般的な微生物(菌)です。煮た大豆に、この納豆菌を加えて発酵させることで、納豆ができます。

納豆菌には個性があります。納豆の臭いが強いもの弱いもの、ネバネバが強いもの弱いものなど、納豆の風味の違いは納豆菌の個性の表れです。

納豆菌は「芽胞」を作ることで胃酸に負けず生きて腸に届く

納豆菌の最大の特徴は、「芽胞」を作ることです。まわりの環境が悪くなると、「芽胞」と呼ばれるバリアーを作ります。芽胞になると、熱や乾燥に強くなり、100℃の熱湯や 0℃の氷の中、乾燥状態や真空の中、さらには胃酸のような強い酸にも耐えることができます。

ヒトの体の中に入った芽胞状の納豆菌は、胃酸に負けることなく生きて腸にたどり着きます。そして、小腸で再び増えていき、悪玉菌を抑える善玉菌として働きます。

納豆菌がビフィズス菌や乳酸菌の住みやすい環境を作る

納豆菌は、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌の働きを助け、腸内環境の改善に役立っています。乳酸菌やビフィズス菌は、酸素や活性酸素に弱いのですが、納豆菌は酸素を吸収し、活性酸素を分解してくれます。納豆菌の働きにより、腸内が乳酸菌やビフィズス菌などが活動しやすい環境となるのです。事実、納豆菌を摂ることにより、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が増えることが様々な研究によりわかっており、一部の整腸剤などにも納豆菌が配合されています。

納豆菌はナットウキナーゼやビタミンK₂などの有用成分をたくさん作る

納豆菌は、納豆の発酵中に、大豆のタンパク質やデンプンを、人間が吸収しやすいアミノ酸やブドウ糖に分解します。アミノ酸は、うま味成分でもあります。

その他にも、オリゴ糖やビタミン K₂、ナットウキナーゼ、PGA(ポリグルタミン酸/ネバネバの成分)などの有用な成分もたくさん作ります。そのため、食品としてだけではなく、サプリメントや整腸薬にも利用されています。

私たちの体に良い影響を与えてくれる、納豆菌が作り出す有用成分についてまとめました。

納豆菌が作り出す有用成分

5-アミノレブリン酸(5-ALA)

天然のアミノ酸の一つで、人や動物、植物の細胞内で作られます。生命を維持する為に必要なエネルギーを作り出すのに必須の成分で、「生命の根源物質」と言われるほど重要なものです。

ポリアミン

サーチュイン(長寿)関連因子として、細胞の老化速度を遅らせる働きをする作用や、細胞内での遺伝子(DNA)複製やタンパク質合成を助ける働きをしています。

ナットウキナーゼ

納豆菌が作り出す酵素で、サラサラ効果として注目されています。ナットウキナーゼという酵素は納豆菌独自のものであり、その健康効果は海外でも注目されています。

納豆ペプチド

大豆のタンパク質をナットウキナーゼが分解することで、納豆ペプチドが作られます。血圧を正常に保つ効果が期待されています。

ビタミンK₂

骨にカルシウムをくっつける接着剤のような働きがあり、骨を強くします。また、血液を固める作用もあり、血管が傷ついた時などに働きます。

ポリグルタミン酸(PGA)

納豆のネバネバ物質です。骨を強くしたり、ドライマウスを予防したり、保湿成分としての効果も期待されています。また、水の浄化や吸水材として砂漠の緑化などにも役立っています。

オリゴ糖・食物繊維

大豆に含まれるデンプンを分解し、食物繊維や各種のオリゴ糖を作ります。これらは整腸作用や腸内細菌のエサとしての働きが期待されています。

納豆菌

納豆菌そのものを摂ることにより、腸の中で機能性成分を作ったり、腸内環境を整えてくれます。多くの整腸剤にも納豆菌が配合されています。

納豆はほぼ完全栄養食!赤ちゃんから高齢者までおすすめ

納豆は完全食に近い栄養の宝庫です。タンパク質、ビタミン、ミネラル、そして食物繊維が豊富な栄養価が高い食品です。

高齢になると食事の量が減ってくるため、栄養不足になりがちです。また、加齢と共に、腸内の悪玉菌も増えてくるため、便秘や様々な病気の原因となります。納豆はこれらの改善や予防に役立ちます。

乳幼児には発育のために豊富な栄養が必要です。納豆には、乳児に不足しがちな栄養素である、食物繊維、ビタミン K₂、カルシウム、鉄が含まれています。また、腸内細菌叢は乳幼児期に形成されるため、腸内環境を整える食事が重要です。納豆菌は腸内の善玉菌を増やす働きをしてくれます。これらのことから納豆は離乳食としても適した食品と言えます。

納豆に含まれる主な栄養素についてまとめました。

タンパク質

タンパク質は、からだを構成する重要な成分であり、皮膚、筋肉、臓器(内臓)、血管はタンパク質でできています。代謝にも大きくかかわっています。

ビタミン

ビタミンは、ヒトのからだを正常に保つために重要な成分です。ほとんど体内で合成できないため、食物から摂取することが必要です。

ミネラル

ミネラルは、からだに必要な成分の一つで、代表的なものにカルシウム、鉄、亜鉛、カリウムなどがあります。不足すると様々な不調が現れます。

食物繊維

食物繊維は「第6の栄養素」とも呼ばれ、健康増進には欠かせない成分です。整腸作用など有用な働きをすることが知られていますが、現代の日本人は食物繊維の摂取が不足気味であるとも指摘されています。

まとめ

このような有用成分や栄養素が豊富に含まれる納豆。私たちの体へのポジティブな効果が期待できます。さらに、納豆菌が作り出すさまざまな機能性成分を取り込むことで、私たちは健康になっていくのです。

sonomonoのおすすめ商品

まるで飲む納豆|そのもの納豆(カプセルタイプ)
パパッとかけるだけでバランス栄養食に。そのもの株式会社の「こな納豆」
ヘルシースナック おつまみ納豆
この記事の監修
納豆博士|小笠原 和也 そのもの株式会社学術顧問・九州大学大学院 農学研究院 特任准教授

小笠原 和也

そのもの株式会社学術顧問/九州大学大学院 農学研究院 特任准教授

熊本大学大学院医学教育部卒。 ナットウキナーゼをはじめとする機能性⾷品原料の研究開発、 35年間に渡る納⾖菌を主とする微⽣物学・醗酵学・酵素学の研究開発の経験をもとに幅広く活躍中。

よかったらシェアしてね!
目次