sonomono納豆菌シリーズが特別価格に! 【期間限定】納豆の日キャンペーンやってます!

藤本 直弥さん(パーソナルトレーニングジムsanté代表)インタビュー③

藤本 直弥さん(パーソナルトレーニングジムsanté代表)インタビュー
藤本 直弥さん(パーソナルトレーニングジムsanté代表)インタビュー

「健康の要は、何よりもまず食事」意識改革と習慣化をストレスフリーに導くスペシャリスト

インタビュー:藤本 直弥さん(パーソナルトレーニングジムsanté代表)  2022.7.29

大阪府堺市にあるパーソナルトレーニングジムsanté(サンテ)の代表兼パーソナルトレーナーの藤本直弥さん。“一時的に痩せた身体を作るのではなく、生涯を通して健康で美しい理想の身体を手に入れる”。そのために、一人ひとりの生活習慣や考え方に徹底的に寄り添いつづけ、二人三脚でゴールを目指すという藤本さんの哲学は、わずか数年で、大阪の隠れ家的なジムと呼ばれるまでに成長させています。お客様のほとんどがクチコミや紹介という人気の理由を、今回のインタビューで垣間見ることができました。

「Live strongly―自分らしく生きる、人生をチャレンジする」

筋肉という見た目重視だった過去から食事や腸内環境を重視するに至った経緯や、これまでの経験から培った知識や食に対するこだわり、「そのもの納豆」との出会いやお客様の驚きの体験談まで、一つひとつ丁寧にお話ししていただきました。


納豆が続かない…、そんなお客様のために探して出会った「そのもの納豆」

ーー「そのもの納豆」に興味を持っていただいたきっかけは?

藤本 ジムに通っていただいている男性のお客様が便秘に悩んでいて、便秘を解消できそうなことをいろいろと提案してみました。「納豆を食べましょう」とシンプルなことをおすすめしても、自分の体のことを気にかけている時間もないほどお忙しい方で、毎日納豆を食べることを習慣にできなかったんです。納豆を買いに行って、納豆パックを開けて、フィルムをピッて取って、箸で混ぜて、食べる、片付けるの工程がありますからね。

でも、やっぱり納豆は外したくなかったので、どうしたらいいだろうかと妻と話していた時に、納豆のサプリってあるのかな?という話になって探してみたら、「そのもの納豆、こんなんあるんや!」って、もう興味津々でした。

そのもの納豆(カプセル)

sonomonoのホームページを見て、“本当にからだに良いもの”だったり、“無添加”にこだわっていたり、納豆の“大豆”にこだわっていることが分かったら、もう魅力しか感じられずすぐに購入しました(笑)。僕は納豆だけで快便だったので、妻に納豆を食べるのをやめて「そのもの納豆」を飲んでもらいました。すると、納豆を食べ続けていた時と変わらずにずっと順調なのと、さらに形がいい。バナナ状で無臭っていうんですか、とにかく理想の便になりました。

ーー「そのもの納豆」も実験したんですね(笑)気に入っていただけて良かったです。

藤本 商品としてすごくいいものだと分かったので、便秘に悩まれていたお客様に、ちょっと試しに飲んでみてください、ぐらいの感じでプレゼントしたんです。すると、カプセルを1日3粒飲んだ次の日に出た!って報告を聞いて驚きました。3日4日は普通に出ないという便秘だったのに、今では2日に1回出るようになったそうです。もちろんいろんな環境が重なっているとは思いますが、でも飲んでから明らかに出る頻度が増えたんですよ。

ジムに置いている「そのもの納豆」

食事と同じくらい運動も大切。楽しく人生を謳歌するためには、自分で動ける体を維持することだという藤本さんに、最後にトレーニングについてうかがいました。

筋肉は使わないと衰え、使っておけば衰えない。

ーー老後もしっかり歩くために、足腰を鍛えるおすすめのトレーニングはありますか?

藤本 まず筋肉が弱ってくると腰が曲がって、腰をかばう歩き方をするので膝が痛くなってきます。今、世間一般ではスクワットこそがすべてみたいな感じで言われていますが、若干違います。スクワットができない方もいらっしゃいますし、間違ったスクワットをして膝を痛めて、結果運動ができなくなる方もいらっしゃいます。

大事にしていきたいのは、無理なく続けられることです。例えば、毎日スクワット50回って言われても続けられないと嫌になってやらなくなってしまいますよね。始めはハードルが低い方がいいので、例えば、しっかりと正しい姿勢で20分歩く、エレベーター使わずに階段を使う、などから始めてみてください。しっかり続けていると、必ずいいことが出てきます。筋肉は使わないと衰えるけれど、使っておけば衰えないし、将来の衰えるスピードを抑えてくれます。絶対これがいいというトレーニングはなくて、毎日の習慣の中に組み込めたら一番いいですね。

ーー最後に、楽しく健康管理ができるようにアドバイスをいただけますか?

藤本 まずは、自分の体を大切にしたいっていう気持ちが大事です。自分の体って自分だけのものじゃないと思うんですよ。家族や友達がいたり、パートナーがいたり、会社で働いていたりするので、自分の体が健康じゃなくなると、いろんな方に迷惑がかかってしまう、悲しませてしまう、と気づくことがスタートラインだと思います。

正しい方法でストレスフリーにやっていくとだんだん楽しくなってくるんです。健康になって、それこそ便秘が改善されるだけでも悩みが一つ減りますよね。楽しいと思うと続けられるし習慣になってくる。そこまで来たらレールに乗っているのであとは進むだけです。そこにサポートが必要な人は、うちみたいなジムを頼っていただければと思います。でも世の中には、いろんな健康サロンがあるので、しっかり本質を見極めて頼ってほしいですね。
みなさんやっぱり自分の体にちょっと甘いことってあると思うので、少しずつ自分の体を大切にする場が広がっていけば、すごく良いなと思います。

パーソナルトレーニングジム santé
ホームページ:http://ptg-sante.com/
Instagram:https://www.instagram.com/sante_0109/

<編集後記>

健康に関することを一つひとつ自身の体で実証している藤本さんが、一番重要だと考えるのが「食事」です。飲むプロテインやサプリメントに頼らずとも食事を少し意識するだけで筋肉もキープできる。その前提として重要なのが栄養吸収力ですので、消化器官である胃腸が正常でなければせっかくの食事も吸収されません。消化器官の休息のためにデトックスタイムを設けるなど、栄養を余すとこなく吸収するための胃腸ケアも食事をするための準備ともいえそうです。

誠実で優しい話し方が印象的な藤本さんですが、話す内容にはぶれない軸がありました。それは経験から培った自信が備わっているからに違いありません。この自信と知識があるからこそ、お客様一人ひとりに真摯に向き合い、相手を尊重することで最適な引き出しを提案できるのだと感じました。

そのもの株式会社代表 日高 絵美

スペシャルインタビュー
ヤマップ代表取締役 CEO 春山  慶彦
ヤマップ代表取締役 CEO 春山  慶彦

▶︎国内No.1登山アプリ「YAMAP」

YAMAP

▶︎パーソナルトレーニングジム santé

YAMAP